2月第3週の感染症情報

インフルエンザは減少しています。全てA型でした。
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症などがみられていますが、やや減少傾向です。
インフルエンザのピークは過ぎたように思われますが、今後B型の流行などまだまだ注意が必要です。

【西条市医師会より参照】
(2019年2月18日更新)