8月第1週の感染症情報

小児の感染症は先週とほぼ同様です。
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、ヘルパンギーナ、手足口病、溶連菌感染症、RSV感染症、アデノウイルス感染症などがみられています。
ウイルスによると思われる発疹症が多くみられています。まだしばらく猛暑が続くと思います。
規則正しい生活、水分の補給、エアコンを上手に使用して熱中症にならないように気をつけましょう。

【西条市医師会より参照】
(2018年8月6日更新)