8月第3週の感染症情報

長期にお盆休みを取られた医療機関もあり、先週との比較はできません。
嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、RSV感染症、手足口病、溶連菌感染症、ヘルパンギーナ、アデノウイルス感染症などがみられています。
また先週に引き続きウイルスによると思われる発疹症がみられています。

【西条市医師会より参照】
(2018年8月20日更新)