2021年 第27週(7月5日~ 7月11日)

嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症、溶連菌感染症などがみられています。
RSウイルス感染症はこの時期にしては珍しく大きな流行となっています。
旧周桑地区では溶連菌も多いようです。
当地区では新型コロナ感染症は落ち着いていますが、首都圏では増加傾向です。
油断せず感染対策を続けましょう。

【西条市医師会より参照】
(2021年7月12日更新)